新米の季節

ありがたいことに、我が家は農家をしている夫の実家からお米を送ってもらっている。

しかしながら、一度も新米と言うものを食べたことがない。

先日、送ってもらったお米は、まぁ茶色い。
玄米ではない。
玄米を食べて健康になどと言う概念は、姑にないのだから。

このお米、といでも、といでも粉っぽさが切れず、水も透き通らない。
『夏場に米から虫がわくけど、日向に広げておけば、虫とれるから。』
と、姑。
この茶米は、そういう米なのだろう。

私はともかく、自分の息子や孫に新鮮で美味しいものを…って、思わないのか。

彼女の送ってくださる野菜の半分は腐っています。
家に行くと、収穫してきた野菜が玄関にゴロゴロ投げてあるので、
その野菜の一部を送ってくださるのだろう。

農家のお母さんって、料理上手な人達ばかりと思っていましたが、
うちのトメ、ほんっっっっっっ当に料理ができない。

ほうれん草の煮浸しも
『手間のかかるものはねぇ~。』
だそうです。
醤油だしに、茹でたほうれん草浸すだけですが…。

お陰で、夫は何でも好き嫌いなく食す人です。


[PR]
by MsNobody | 2017-09-20 15:43 | 親戚一家

やり場のない気持ちを徒然なるままに…


by Ms.Nobody
プロフィールを見る