<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子育て論

知り合いの息子さんは、浪人中だ。

将来なりたい職業があり、志望大学、学部はもう決まっている。
しかし、何のために、その職につきたいのか見出だせなくなったと
最近、海外に自分探しに出かけたそうだ。
今年の受験は諦め、来年、再再トライするのだとか。

彼には、高校入学も紆余曲折を経た経歴がある。
なんと素敵な御身分であろうか。
私も、そのお宅の子供になりたかった。

子育ての形は十人十色で、いろいろ考えさせられることが多い。
残念ながら、我が家は、浪人最中の自分探しは許すことはできないが
息子の夢が叶うよう、精一杯応援をしようと思う。

我が家の子育ては、どんな色になるのだろう…。


[PR]
by MsNobody | 2017-11-06 08:20 | 日々の出来事 | Comments(0)

ピンピンコロリ

飼ってたミヤマクワガタが、ついに死んでしまった。


息子がアレルギー持ちなので
毛のある動物とは無縁であろう我が家の初めてのペットだった。
小さな虫だけれど、寂しさこの上なく…ロスである。

7月末キャンプ場で、ちょうど雄雌つがいを見つけた。
調べると、ミヤマクワガタは越冬せず秋には死んでしまうとのこと。
雌は8月に死んでしまったが、雄とは約3カ月一緒にいたことになる。

自分でしっかり世話をすると息子と約束したが
やはり最初だけで、結局、親が世話をするのである。

ナウシカに出てきそうな蟲を連想させる容姿で
最初は何の思い入れもなかったが
ミヤマクワガタは、他のクワガタと違い日中活動するということもあり
その生きざまを、しっかり観察することができた。

食欲旺盛、始終、飼育ケースを駆け回り雌を追いかける様は圧巻で
一人で家にいる時、ガサゴソ音がすると、『元気にしてるねぇ~』と嬉しくなったし
夫は、クワガタに話しかけてから出掛けるのが朝の日課だった。

夏が終わると、次第に動きも遅くなり、目に見えて弱っているのが明らかだったけれど
前日まで、いつも通り餌を食べ、ガサゴソしていた。
まさにピンピンコロリと生を全うしたのだ。

あっぱれな生きざまである。
私もこんなピンピンコロリな生き方ができるだろうか…。


空になった飼育ケースを掃除すると
中に埋めていた朽ち木に幼虫がくっついていた。
また、ミヤマクワガタに会えるのが楽しみだ。







[PR]
by MsNobody | 2017-11-05 14:07 | 日々の出来事 | Comments(0)

余計な一言

スイミングでバタフライを習っている息子に
『他の子もみんなできるんじゃないの?』
と言う姑に、カチンとくる私。

その一言、要らなくない?

これが他の人の発言だったら、なんとも思わず受け流すことができるのか?
あの人の些細な言動にイライラしてしまう。

あぁ、本当に嫌いなんだと実感してしまった。


[PR]
by MsNobody | 2017-11-04 19:16 | 親戚一家 | Comments(0)

やり場のない気持ちを徒然なるままに…


by Ms.Nobody
プロフィールを見る